映画感想:何者 ~諦めを押し付けるな~

ワクワクもんですね。

光光太郎です。(@bright_tarou)


今回はツイキャスとTwitterの感想等の少し変則的な手段で


何者


の感想を残していきたいと思います。原作未読。

ネタバレ、ガンガンあります。



■概要とあらすじ

「桐島、部活やめるってよ」の原作者として知られる朝井リョウが、平成生まれの作家として初めて直木賞を受賞した「何者」を映画化。就職活動を通して自分が「何者」であるかを模索する若者たちの姿を、佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之という豪華キャストの共演で描いた。監督・脚本は、「ボーイズ・オン・ザ・ラン」「愛の渦」といった映画でも高い評価を得ている演劇界の鬼才・三浦大輔。演劇サークルで脚本を書き、人を分析するのが得意な拓人。何も考えていないように見えて、着実に内定に近づいていく光太郎。光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せる実直な瑞月。「意識高い系」だが、なかなか結果が出ない理香。就活は決められたルールに乗るだけだと言いながら、焦りを隠せない隆良。22歳・大学生の5人は、それぞれの思いや悩みをSNSに吐き出しながら就職活動に励むが、人間関係は徐々に変化していく。(映画.comより引用)



■感想

私は今大学4年生であり、今年実際に就活を行った身でもあります。そしてまぁ、こんな記事を書いてるわけですが。

そんな私は「何者」を物語として消化することが出来なかったんですよ。

自然過ぎる演技や就活描写のディティール、そして明らかに「観客」に向けているであろう視線や言葉の数々…この作品は現実を戯画化して観客に見せつけている、と思ったんですね。


そんな見方をしたのは、劇中における佐藤健や二階堂ふみの役柄に、自分と近しいものを感じてしまった事も原因です。実際私、ああいった「就活ツイート」だったり「肩書に固執する」ということをやりまくっていましたから(笑)。



「何者」は、まるで「お前は、社会は、他人はこうなんだよ」と言われている様な気分になります。人や物事の表面、発せられた僅かな言葉や表現をもってしてカテゴライズを行う…今の自分のものさしだけで判断するんだと。


そういった「諦め」を受け取ってしまったが為に、私は怒りに打ち震えながらツイートやツイキャスを行いました。今思えば、この怒りを引き出すために、今作は反面教師としての役割を果たしていたのかもしれませんね。



■Twitter感想



↓この映画に対する最も素直で、確かな自分の感想であるかもしれません。




↓自分にとってかけがえのない映画になったことは確かですね。



■ツイキャス


大体15:00辺りまでで自分が吐き出したかったこと、生の声で伝えたい作品の感想は言いきれています。

ようはですね、人間を、自分を舐めるな。諦めるなってことですよ。




0コメント

  • 1000 / 1000