映画:仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ~ありがとう、平成ライダー~

こんにちは。

光光太郎です。


私の高校生活は第二期平成ライダーから始まりました。正に青春を共にした作品群です。その「平成」ライダーが、遂に終わってしまう。



オーズ、フォーゼ、鎧武、ゴースト、エグゼイド、ビルドが集結し未だかつてない脅威に立ち向かう。特報が公開された時には「アンク復活!」「福士蒼汰出演!」という話題に熱くなりましたが、考えてみれば東映の大集合映画にはいつも裏切られてばかり…。昨年の「平成ジェネレーションズ」が良作だったものの、もしかしたら、もしかしたら、クソまずい闇鍋映画になっているのではないか…。


そんな不安が日に日に増す中、先日公開日初回に鑑賞。THE・杞憂でしたね。


※私のつたない感想よりも100万倍うなづける感想記事へのリンクを貼っておきますね。

1本の映画として観たとき、欠点はいくらでも挙げられるでしょう。例えば、

・説明台詞が多すぎる上に、活舌が悪くて聞き取りづらい。

・台詞だけの説明が多く、敵の目的や手法を理解しづらい。

・度を越した神のギャグ。

・各ライダーの活躍の比重が極端。

・後半は独白合戦。

等など……決して完ぺきな映画とは言えません。むしろかなり歪んでいる。



しかし、「仮面ライダーの映画」としては、1本筋が通っています。


仮面ライダービルド本編において仮面ライダークローズとなったばかりの万丈龍我は「仮面ライダーとして戦う意義」を未だ見出せず、ビルド=戦兎からもからかわれてばかり。今作は、そんな彼がレジェンドライダー達との出会いを通じて自分なりの「仮面ライダーとして戦う意義」を見つける物語でした。


戦兎は「愛と平和のため」と言い切り、レジェンドライダー達も「見ず知らずの他人を助ける為に戦う」と口にします。これを言い切っても説得力はありますが、彼らの本心は少し違う所にあるのではないでしょうか?


前述した通り、戦兎は戦う理由を「愛と平和の為に」と言い切りますが、実際のところは「自分が帰るべき場所を守る為」でしょう。パラドへの台詞、皆で共有するベッド等からもそれを伺うことができます。


決戦を終えた後のレジェンドライダー達の様子を見ても「自分が帰るべき場所を守る為」に戦っていることがよく分かります。結局彼らは自分の為に他人を守っているのですが、歪みつつも正義を成す様が実に「仮面ライダー」。昨年の平成ジェネレーションズでも、変身できずとも戦うという「仮面ライダーらしさ」が示されていましたが、今年は私が考える仮面ライダーの本質にグッと近づいていたように思えます。


また、万丈は冒頭でエプロンを付けてコーヒーを入れています。これはカフェのマスターであり戦兎達の頼れる父親的存在だった石動聡一の裏切り、および離脱にショックを受けた戦兎を励ますためであり、戦兎にとっての帰るべき場所であるカフェを存続させるためのことだったのでしょう。万丈は仮面ライダーとして戦う意義を模索していましたが、その答えを最初に自ら実践していたのですね。


今回、エグゼイド夏映画での「何故ビルドはエグゼイドを襲ったのか?」や「ビルドガシャットの意味」「他ライダー作品との繋がり」等に対してかなり真っ当な、筋の通った回答を出していました。何よりも秀逸だったのはビルドガシャットの扱い。私はああいった「次回作ライダーの要素を取り入れた前ライダーのコレクションアイテム」が少々苦手で、単なる蛇足にしか思えませんでした。しかもエグゼイド本編でもラストに出てくる始末。エグゼイドの脚本を一人で書ききった高橋悠也も流石にお手上げか…と思ったら「敵の妨害工作に唯一対抗できる補助効果を持つガシャット」として大活躍します。これは本当に凄い。蛇足に過ぎなかった玩具に明確な役割が与えられたことで、ごっこ遊びをしやすくなったわけですよ。いや~~~最初期にビルドドライバーを買っておいてよかった!!!!

「バグスターにはゲームの力を使わないと勝てない」といったエグゼイドの設定も活かされ、ドクター&ゲームフルボトルも意味のある使われ方をされていました。ああいう細かいところに手を入れてもらえると、オタクとしては感無量ですよ。


映画を観ているのだから「映画だ!」と思える瞬間が欲しいものです。今作では上記ツイートのようにほぼ完全な無音状態が、激しいバイクシーンの合間に挿入されました。特報でも印象的に使われていた横並びバイクジャンプシーンです。おそらく無音状態は5秒もしない時間だったと思いますが、その5秒が永遠に思えるような、そんな体験ができました。広い劇場で大勢の人と共に同じスクリーンを見ながら静寂に包まれる……一人で映画を楽しんでいると思ったら、多くの人たちと同じ瞬間を共有しているんだと突きつけられたような感じです。そしてそれは、少なからず仮面ライダーに対して思い入れのある人たちが集って夢中で映画を観ているということを実感できる瞬間でもあるわけです。

平成ライダーへの溢れんばかりの思いが詰まったこの映画においてあの無音の瞬間には、単なる演出を超えた、映画のマジックがかかっていると思います。



いやぁ…しかし…本当に終わってしまうんだなと、しみじみ思います。終わりを痛感させられる映画でした。あのシンプルイズザベストのエンディングを観て、もう完全に「終わり」モードにさせられましたよ…。と思ったら…。



また来年が楽しみになりましたね!!!!!!!!!!!!!!!

0コメント

  • 1000 / 1000